auひかり

auひかりは賃貸アパートでも契約できる?工事事情や注意点等について解説

auひかりはキャッシュバックキャンペーンやauスマートバリューが魅力的で、利用したいと考える人は多いと思います。

しかし小規模のアパート、賃貸集合住宅等ではマンションタイプが導入されておらず、

契約出来るかどうかわからない

ということも多いでしょう。

本ページでは「マンションタイプが導入されていない小規模集合住宅でauひかりは契約出来るのか?」について、解説します。


【要点を先にザクッと説明】

結論から言うと、アパートにマンションタイプの回線が導入されていなくても、「ホームタイプ」のauひかりを契約することができます。

ただし3階までの建物が対象です。4階以上の場合はauひかりではなく、他の光回線サービスを検討しましょう。

工事費は37,500円。月々625円の60回払いになりますが、auひかり電話に同時加入すれば毎月同額が割り引かれるので実質無料になります。

小林
小林
電話利用料500円が毎月かかるけどね。 

そして最後に

  • 回線工事が必要なため、大家さんや管理会社への確認が必要
  • 解約時に撤去費用28,800円がかかるケースもある

といったことについて說明します。

ねとみ
ねとみ
これらを踏まえて読むとより理解しやすくなりますよ!

集合住宅でもホームタイプが契約出来る

auひかりには以前「マンションミニギガ」という小規模のアパートや集合住宅向けのプランがありました。

現在ではマンションミニギガ契約ができるのはすでにマンションミニギガが導入されている建物のみとなっており、新たにマンションミニギガが導入されることはありません。

その代わりに一昔前は一戸建て住宅しか契約できなかった「ホームタイプ契約」が、現在では集合住宅でも可能になっています。

つまり、小規模のアパートや賃貸住宅でauひかりを契約する場合は「ホームタイプ契約」をすることが基本となっています。

小林
小林
なるほど。ホームタイプなら契約できるんだ。どんな場合でも契約できるのかな?

3階までなら契約出来る場合が多い

ただし、すべてのアパートや集合住宅でホームタイプ契約が結べるかというと、そうではありません。

ホームタイプ契約を結べるのは「階数が3階まで」という条件を満たしている住宅のみとなります。

なぜ3階までかというと、auひかりの回線を電柱から引くことになるからです。

電柱と比べてあまりにも建物が高すぎると回線を引くことができないので、3階までという条件が付いています。

また3階以下であっても立地条件や環境によって契約できないこともあるので、あらかじめホームタイプが使えるか問い合わせする必要があります。

契約が進んでも現地調査の時点で工事不可となるケースも稀にあるので注意が必要です。

小林
小林
3階以内であってもケースによっては使えないこともあるんだね。
ねとみ
ねとみ
その場合は他の方法があるので大丈夫です。あとで紹介します。

ホームタイプの工事費は?

auひかりをホームタイプで契約する場合の工事費は37,500円で、一括支払いの他には625円×60回の分割払いに対応しています。

また、開通工事日が土日祝日の場合は別途3000円かかるので注意してください。

この工事費ですが、実はauひかりで光回線を契約する際に「auひかり電話」に申し込むと工事費が実質無料になります。

月額625円が60か月間割引になるのです。

小林
小林
もし60ヶ月以内で解約したらどうなるの?

契約してから60ヶ月以内に解約した場合は割引が継続されなくなってしまいます。

ひかり電話がいらなくなったとしても、60ヶ月は契約をしておいたほうがよいでしょう。

おすすめのauひかり

オプション不要!

・オプション不要でキャッシュバック
・キャッシュバック4.5万円
・開通後最短翌月振込

auひかりのキャンペーンはオプションが必要だったり振込まで期間が掛かることが多いですが、こちらのキャンペーンはオプション加入や面倒な手続き不要でキャッシュバックを確実に得ることができます。

詳細を見てみる

ねとみ
ねとみ
auひかりは他社と比べてキャッシュバック額が非常に大きいですよね。

賃貸アパートで契約する際の注意点

アパートや集合住宅でもホームタイプ契約ならauひかりと契約できる、ということが分かりました。

しかし、アパートや集合住宅でホームタイプ契約する場合は一戸建て住宅と違っていくつかの注意点があります。

大家、管理者の許可が必要

ホームタイプ契約をする場合は回線を引き込むための開通工事をする必要があります。

開通工事といってもすでに空いているエアコンやケーブル類の配管などから回線を通すだけで、大規模な工事は行いません。

ただ、アパートや賃貸住宅によっては新しく壁に穴を開けたり、装置を壁に取り付けたりする工事を行うことがあるので大家さんや管理者に無断でするわけにはいきません。

契約をする際には事前に大家さんや管理者に連絡をとり、必ず許可をもらうようにしてください。

ねとみ
ねとみ
集合住宅の場合、工事業者は管理者に工事の確認を取ることがあります。その際に管理者が知らなくて回線工事が進まなかったというケースもあります。

撤去工事が必要になる可能性がある

auひかりを解約する際に回線および光コンセントを撤去する場合は撤去工事を依頼する必要があります。

撤去工事費は28,800円となっており、解約をする際の費用としては高めの金額になっています。

小林
小林
2018年3月からホームタイプは28,800円の撤去費用が必須になったんだよね。

ただしアパートや賃貸住宅でホームタイプ契約をした場合はauひかり側の指定は任意となっています。

小林
小林
へぇそうなんだ。ホームタイプでも撤去費用が必須じゃないケースもあるんだね。

しかし引っ越しで部屋を出ていく際に、大家さんから回線を撤去するように言われることがあり、その場合は賃貸契約を解除するまでに必ず撤去工事をする必要があります。

3階以内でも出来ない可能性がある

ホームタイプ契約をするには「建物が3階建て以下」という条件を満たす必要がありましたが、条件を満たしても建物の高さや周りの環境などから契約できない、ということもあります。

地域によっては条件が3階以下ではなく2階以下というところもあり、3階に住んでいる場合は特に契約できない可能性が高いです。

申し込む場合は契約ができない可能性も想定し、代替手段も考えておいた方が良いでしょう。

ねとみ
ねとみ
その場合はビッグローブ光がオススメです。
小林
小林
あとで詳細を說明するよ!

auひかりの申し込みキャンペーン

auひかりは申し込み窓口によってはキャッシュバックキャンペーンを行っています。

特にインターネットからの申し込みはauショップや家電量販店などに比べて魅力的なキャンペーンが多いのでおすすめです。

小林
小林
家電量販店とかの特典って派手に見せてるけど、ネットで契約するよりお得じゃないんだよね。実は。

ネットからの申し込みなら工事費実質無料キャンペーンに加えて最大5.2万円のキャッシュバック等、申し込み特典満載です。

⇒オプション不要で高額キャッシュバックのあるauひかりを見てみる

4階以上でauひかりのマンションタイプがない場合

auひかりのホームタイプは4階以上だと調査の前に「工事不可」と断られてしまいます。

では4階以上に住んでいて、マンションタイプが入っていない場合はインターネットをどうするべきか?

小林
小林
そうそう、4階以上だったり3階以下でauひかりが使えなかった場合どうなるの?

あまり知られていませんがフレッツ光系回線(ドコモ光、ソフトバンク光など)のホームタイプであれば工事ができる可能性があります。

フレッツ光はNTTなので電話工事をしている物件であれば、電話と同じルートで光回線の引き込み工事が出来ると考えています。

そのため、4階以上でもフレッツ光系の回線であればホームタイプの工事が出来る場合があるのです。

4階以上に住んでいて、インターネットのマンションタイプが入っていない場合はフレッツ光系の光回線を検討しましょう。

小林
小林
工事のルートが変わるから使える可能性があるんだね!

スマートバリューが適用されるビックローブ光がおすすめ

auスマートバリューが適用され、さらにキャッシュバックもあるビッグローブ光がおすすめです。

ねとみ
ねとみ
フレッツ光系の回線ですね。

ビックローブ光と契約すると具体的に以下のメリットがあります。

  • auスマートバリュー対応で月額最大2000円割引
  • キャッシュバック2.5万円or1万円+BUFFALO高速無線ルーター
  • 初期工事費実質無料(ひかり電話加入の必要なし)
小林
小林
わぉ!これ、auひかりと同じくらいお得じゃん!

キャッシュバック内容についてはauひかりに劣りますが、それでも初期工事費実質無料auスマートバリューが適用される為、月々の月額料金をお得にできます。

4階以上の建物に住んでいてマンションタイプが無い場合はビックローブ光を検討しましょう。

ビッグローブ光の料金と特徴、評判等をまとめるフレッツ光やプロバイダとして有名なビッグローブですが、こちらもまた光コラボレーションとして自社サービスオンリーの光回線、ビッグローブ光を...

まとめ

ここまで、アパートや賃貸住宅等でauひかりを契約できるかどうかを解説してきました。

マンションタイプが導入されていなくても、ホームタイプ契約を結ぶことでアパートや賃貸集合住宅でもauひかりを契約することができます。

ただし、そのためには「建物が3階以下」という条件があり、通常のホームタイプやマンションタイプとは違った注意点が存在します。

まずは今住んでいる建物がホームタイプ契約可能か確認し、利用可能だとわかったらトラブルを避けるためにも大家さんや管理者としっかりと連絡を取るようにしましょう。

※オプション不要でキャッシュバックがもらえる!!

ABOUT ME
ねとみ
元フレッツ光販売員で現在中小企業のネットワーク構築とかやっています。 最近はもっぱら格安SIMに夢中です。 よろしくお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください