ネットワークの基本

auの速度制限を解除する方法!解除のタイミングや次回からの対処法まで

「auのスマホの速度制限を解除する方法を知りたい」

「auで速度制限を受けないための対策法はある?」

auのスマホを利用しており、このようなお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

速度制限になるとネットの読み込みが遅くなり、普段利用しているアプリなども使いづらくとても不便ですよね。

そこで、今回の記事ではauの速度制限の解除方法について解説していきます。

具体的には、

  • auの速度制限の解除方法
  • auで速度制限が解除されるタイミング
  • 速度制限にならないための対策法

の順番にご紹介します。

auで速度制限を受けてしまっている方の参考になれば幸いです。

auの速度制限を解除する方法

auの速度制限を解除する一般的な方法は、追加でデータ容量を購入することです。

追加でデータ容量を購入する以外の方法もあるので、主な5つの方法を以下にまとめました。

  • 追加でデータ容量を購入する
  • プリペイドカードでデータ容量を購入する
  • データ容量を別の端末とシェアする
  • データ容量を家族からもらう
  • データ容量をプレゼントしてもらう

それぞれの解除方法を詳しくご紹介していきます。

追加でデータ容量を買う

auでデータ容量を追加で買う場合は、下記の値段になります。

データ容量 購入金額
0.5GB 550円
1GB 1,000円
3GB 3,000円
5GB 5,000円

上記の値段で追加のデータ容量を販売しており、速度制限を受けた後だけでなく、予約しておくと事前のチャージも可能です。

追加購入したデータの有効期間は、購入から62日間。追加購入したデータの有効期間は、購入した月だけではありません。

例えば、月末に1GBのデータを購入した場合で考えてみましょう。

月末に1GB購入して0.5GBしか使わなかった場合、翌月にまた速度制限になったら、残りの0.5GBが利用可能です。

また、データ容量をチャージするタイミングは、「今すぐ」と「予約」から選べます。

今月速度制限になりそうだなと感じた時は、事前に予約しておくと、速度制限に引っ掛からずにネットが利用できます。

プリペイドカードでデータ容量を購入する

データ容量は、プリペイドカードからでも追加できます

両親の名義で契約している学生さんでも、プリペイドカードを購入することで通信制限を解除することが可能です。また、周囲の方へのプレゼントのギフトカードとしても利用できます。

プリペイドカードは、全国のコンビニやauショップで販売されています。

利用方法は、「デジラアプリ」でQRコードを読み取ってPINコードを入力するか、「データチャージサイト」でPINコードを入力するだけと非常に簡単です。

データ容量を別の端末とシェアする

スマホとタブレットなど2台以上利用している方であれば、別の端末のデータ容量をシェアが可能です。

データ定額サービスのデータ容量をシェアできるので、データ容量を無駄なく利用できます。

ただし、「データシェア」を利用するためには、申し込みが必要となるので、スマホとタブレットを利用している方は申し込みを行いましょう。データシェアプランを利用するために、追加で料金は必要ありません。

データ容量を家族からもらう

auは家族間であれば、0.5GB単位で余っているデータ容量を贈りあうことができます

両親からお子さんへデータを贈ったり、兄弟間でデータを贈りあったりなど、使い方は様々です。

引用:データギフト|au

ただし、家族間でデータを贈りあえる「データギフト」を利用するためには、以下の3つの条件を満たしておかなければなりません。

  • それぞれの回線で「データチャージ」に加入
  • それぞれの回線で「データ定額サービス」または「料金プラン」に加入
  • 「auスマートバリュー」または「一括請求/KDDIまとめて請求」に加入

条件が満たされていれば、申し込みは不要で利用できます。

データ容量をプレゼントしてもらう

データ容量をプレゼントしてもらうことで、速度制限を解除できます。

「データプレゼント」はデータ容量を購入すれば、対応機種を持っている方なら誰でも贈ることが可能です。

利用するための申し込みや利用料などは必要なく、贈る際のデータ容量分を購入するだけで利用できます。

そのため、受け取った方は料金を支払うことなく、速度制限を解除できます。

ここまで、auの速度制限の解除方法をご紹介しました。

解除方法を改めて整理します。

  • 追加でデータ容量を購入する
  • プリペイドカードでデータ容量を購入する
  • データ容量を別の端末とシェアする
  • データ容量を家族からもらう
  • データ容量をプレゼントしてもらう

続いて、速度制限が解除されるタイミングについて紹介していきます。

速度制限が解除されるタイミングは?

速度制限が解除されるタイミングは、以下のように異なります。

  • データ容量を購入した場合は即日解除
  • 翌月1日に順次解除
  • 3日間で6GB利用した場合の制限は例外

それぞれの速度制限が解除されるタイミングについて、詳しくみていきます。

データ容量を購入したりプレゼントされた場合は即日解除

データ容量を購入したりプレゼントされた場合、速度制限は即日解除されます。

すぐに速度制限から解放されたい方は、データ容量を購入するのがおすすめです。

毎月速度制限を受けてしまう場合は、データプランの見直しなども検討しましょう。

毎月1日が速度制限解除されるタイミング

追加でデータ容量の購入などをしていなければ、速度制限が解除されるタイミングは翌月1日になります。

例えば、3月に速度制限になった場合、4月1日に速度制限が解除されます。

ただ、日付変更後すぐに解除されるとは限らないので、その場合は朝方まで待ちましょう。

翌月1日に解除されるため、月末近くなどで速度制限を受けてしまったら、1日までの少しの間は我慢するのも一つの手です。

直近3日間で6GB以上使っていた場合は例外

直近3日間で6GB以上使うと速度制限を受けてしまいます。

この場合は、3日間で6GB以内に収めると解除されますが、使用頻度によって数日間制限されたままの可能性もあるため注意しましょう。

3日間で6GBの制限は、残データ容量に関わらず制限の対象となります。

ここでは、速度制限の解除のタイミングについてご紹介しました。

では、速度制限をそもそも受けないためにはどうすればいいのでしょうか?

速度制限を受けないための方法をご紹介していきます。

速度制限を受けない為にはどうすれば良いのか?

速度制限を受けないためには、データ容量の無駄使いを避けるのが必須です。

そのためには、データ容量を自分で管理やデータ利用そのものを軽くするなどの工夫が必要です。

以下に注意すべきポイントをまとめました。

  • 通知設定を行いデータ容量を管理する
  • バックグラウンド通信を制限する
  • ポケットWi-Fiを利用する

それぞれ詳しくみていきましょう。

通知設定を行って使うデータ容量を自分で管理する

速度制限を受けてしまう方は、「今月どれくらいデータ容量を使っているのか把握していない」という方も多いのではないでしょうか。

どれくらいデータ容量を利用しているかを把握するためには、データ容量を通知してもらえるスマホの設定やアプリを利用するのがおすすめです。

データ容量を把握しておくことで、速度制限を受ける前に自分で管理して快適な速度を保つことができます。

バックグラウンド通信を制限する

続いて、速度制限を受けないために、スマホのバッググランド通信を制限しましょう。

バッググランド通信を制限しないと、操作していないアプリもネットに接続し、最新情報を取得します。

最新情報を取得できるメリットはありますが、データ通信を消費してしまいます。そのため、通信制限を受けたくない方は、バッググランド通信を制限しておきましょう。

ブラウザのデータ圧縮機能を利用する

続いて、データ通信の消費を抑える方法は、ブラウザのデータ圧縮機能を利用することです。

データ圧縮機能というと難しく聞こえますが、iPhoneのSafariなどの標準ブラウザではなく、データ圧縮機能が搭載されたChromeを利用しましょうといったことです。

Chromeは、データ通信量を最大60%まで削減できる機能が搭載されており、ネットサーフィンする際のデータ通信量を抑えることができます。

ポケットWi-Fiを利用する

最後に、ポケットWi-Fiの利用についてご紹介していきます。

速度制限を解除するために、データ容量を購入した場合1GBあたり1,000円と地味に高額な金額がかかってきます。

しかし、ポケットWi-Fiを利用すれば、速度制限を気にせず使えるだけでなく、スマホ以外にもタブレットやPCもWi-Fiを利用できます

もちろんポケットWi-Fiを利用すれば月額料金がかかってしまいますが、auのスマホと一緒に利用することで割引が受けられるポケットWi-Fiがあります。

auのスマホと一緒に利用すれば割引されるポケットWi-Fiは、WiMAXです。

WiMAXは、電波環境によっては光回線に劣らない回線速度でありながら、月額料金も安価に設定されているポケットWi-Fiです。

WiMAXについては、関連記事で詳しく紹介していますので合わせてご覧ください。

WiMAXとは何か?メリットとデメリットを分かりやすく解説WiMAXをご存じでしょうか? WiMAXは正式には携帯電話の3GやLTE等と同じ移動体通信方式の(世界基準の)規格の一種で、日本...

まとめ:速度制限を解除するにはデータ容量を購入すべき!

今回の記事をまとめます。

  • 速度制限を解除する方法は、データ容量を購入するのが一般的
  • データ容量を購入した場合は、即日速度制限解除
  • 速度制限を受けないためには、通信量を把握するために通知設定を行う
  • ブラウザのデータ圧縮機能でデータ通信量を抑えられる
  • それでも難しい場合はポケットWi-Fiを利用しよう

速度制限を受けた場合、データ容量が余っている家族がいたり、友人からプレゼントしてもらったりすることができれば無料で解除できます。

ただし、頻繁に速度制限を受けてしまうようであれば普段の使い方を見直す必要があります。

その場合、なるべく外出先では使わないなどの小手先の工夫だけでなく、ポケットWi-Fiを導入して、速度制限を気にせずにすむ状況を作るのがおすすめです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください