auひかりの評判

やさしくねっと.

auひかりって結局どうなの?特徴や料金、評判をまとめる

 

auひかり

auひかりは最近悪徳な販売店、代理店による悪質な勧誘行為が増えてきているせいもあって悪い評判が目立ちます。

ですがフレッツ光が高額キャッシュバックをやめてしまったため現在数少ない高額キャッシュバックを受けられる光回線でもあり、エリアさえ入っていれば第一候補に入れるべき回線です。

更に同じau同士なら大きな値引きが出来るスマートバリューがかなりお得に使えます。

これから光回線を新しく契約しようと思っている人、または現在フレッツ光を長く使っている人でauひかりに乗換えを検討されている方も多いのではないでしょうか。

本ページではauひかりの導入を検討さていてる方向けに回線速度の評判や料金プラン等を解説していきます。

⇒オプション不要で高額キャッシュバックのあるauひかり正規販売店サイトはこちら

回線速度の評判、口コミはどうか?

auひかりは最も早くギガ通信をスタートしたために「au光 評判」等で検索してみるとケタ違いに早い!等と評価されていることが多いです。

が、現在はフレッツ光も電力系の光も概ねギガ対応しているので通信速度に差はほとんどないと言えます。

ただNTT関係者の間では「既存回線(フレッツ光)を使用している地域では、間に通信機器が噛んでいるので理論上フレッツより遅い」とも言われています。

まあ実際人が体感できるほどの差はないと思いますが。

速度に関しては不満がある人は少ないようです。

価格.comより

画像

twitterではこんな意見も。

 

実は遅いという声も少なからずあります。

地域によるのでしょうか。結構不思議です。

もし現在利用中で「遅い」、「遅くなった」ということがあればこちらで通信速度を計ってみてください。2M以下だとちょっと問題ですが10M以上出てればそんなもんだろうと思います。

地域やプロバイダによってやや遅いと感じる場合もあるようです。 単純に通信機器の問題だったりする場合も多いです。フレッツ光やauひかりで「遅い」原因は回線速度以外にあることが多いです。

フレッツ光やauひかり等光回線の速度が遅い時の対処法

auひかりから乗り換えて後悔の声もあり...

光回線の通信速度は「設備に対してどれくらいの利用者がいるか」で決まってくるわけですが、「どのくらいの設備に対してどれくらいの利用者がいるか」は公表されていないため実際は使ってみないと分からないというのが現状です。

 

また、最近悪徳な販売店、代理店による悪質な勧誘行為が増えてきているため、それらの影響もあってネットでは一部評判を落としている印象です。

au公式販売店やso-net、ビッグローブ等上場企業プロバイダの窓口であれば安心ですが、特に知名度の低い販売店等には注意が必要です。

最近auひかりの評判がやたら悪いことについて思うこと

フレッツ光とどっちが通信速度が速い?

auひかりはフレッツ光や他の電力系の光と比べて回線速度は速いのか?

という質問をたまに受けますが、他社より速いということは通常ありません地域や場所によって差が出る可能性はありますが基本的に同じくらいの速度です。

というのもauひかりは基本的に自社でFTTH(光ケーブルによる通信網)を引いているわけではないからです。KDDIの光通信サービスは元々NTTの回線を利用した「ブロ-ドバンドDION "F"with Bフレッツ」が始まりで、多くの地域で今もNTTの回線を借用して提供しています。

関東に関してはかつて東京電力が提供していたTEPCOひかりをKDDIが引き継ぐ形となったため、電力系の光を使用している形になりますがその他の地域は基本的にフレッツ光と同じ通信網なので対象エリアもほぼ同じです。

そもそも日本の電柱を保有しているのがNTTと電力会社なのでそれ以外の業者が一からケーブルを引くことはほとんどないんです。

他のサイトでauひかりは使っている人が少ない分、他社回線より早いというような表現をしているのを見かけましたが同じ回線を使っているため理論上それはありません。

回線速度についてもっと知りたい方はこちらをご参照ください。

auひかりとフレッツ光はどちらの方が回線速度は速いのか

 

気になる料金は?

auひかりの回線速度はフレッツ等他の光回線と比べて特別優れているわけではありません。

しかし月額料金は新規申し込みキャンペーンやauスマホとのセット割等が後押しし、業界でも屈指の安さとなっています。

ネットも「価格が安さが魅力」という声が多いです。

auひかりの月額料金はおいくら?

プロバイダ料込みの純正品の月額基本料金は一戸建てが5,100円、マンションタイプが3,800円となっています。

※3年自動更新契約のずっとギガ得プラン適用時。

ここからプロバイダをso-netやBIGLOBE等にすると月額料金の割引やキャッシュバック等の特典を受けることも出来ます。

下の画像はso-netのキャンペーンによる月額料金(一部)です。初年度が大幅に安くなっています。更にキャッシュバックもあります。

auホームギガ得プラン

ビッグローブの場合は下記の月額料金割引があります。

ビッグローブ割引

こちらの記事で詳しく解説していますがauひかりの月額料金は光回線単体(auスマホ割引なし)でもフレッツ光と比べて安価な設定となっています。

また、プロバイダによって月額料金が変わるわけでもないので上記2社のような割引キャンペーンで選んで問題ありません。

プロバイダの詳しい違い等についてはこちらに記載しています。

auひかりはプロバイダによって違いはあるのか

ちなみにauひかりプこういったキャンペーンがあるためso-netが圧倒的に選ばれているようです。

フレッツ光との月額料金比較

フレッツ光の月額料金は西日本と東日本によって違います。

フレッツのプロバイダ料金は最安値のBBエキサイト(月額500円)の価格。

東日本のフレッツ光

一戸建て:実質4,600円+プロバイダ料500円(再安値BBエキサイト)=5,100円

マンション:2,950円~3,950円(サイズによる)+プロバイダ料500円=3,450円~4,450円

BBエキサイトの評判はイマイチよくありませんが最安値のフレッツ光東日本とauひかり(ファミリー5,100円、マンション3,800円)はほぼ同じくらいの月額になります。他の標準的なプロバイダ(OCNやyahooBB等)でフレッツを使うよりは安いですね。

西日本のフレッツ光

一戸建て:3,610円(2年間までの最安値)+プロバイダ料500円=4,110円

マンション(プラン1):2,930円(2年間までの最安値)+プロバイダ料500円=3,430円

どーんと割りや光もっともっと割等割引サービスが強い西日本ではフレッツ光に軍配が上がります。

※2015年7月追記

現在フレッツ光西日本は「どーんと割」が終了し、インターネット申し込み限定で「web光もっともっと割」といものが始まっています。一戸建ての月額料金は4,310円、マンションタイプはタイプ1で3,430円(プロバイダ料500円込み)となっています。

単純に月額料金で比較すると西日本の場合フレッツに軍配が上がりますが、auひかりは月額料金割引や高額キャッシュバック(3万円以上可)があるため総合的に見るとauひかりがお得になる場合がほとんどです。

※以前はフレッツ光も新規申し込みキャンペーンを行っていましたが現在は個人向けにフレッツを積極的に販売していないためキャッシュバックなどはほとんどありません。

破壊力バツグンのスマートバリュー

273114d404d28ed4982b0d9e30ea065b_s

auひかりを契約するとその世帯で使用している家族のauスマホ、携帯から2,000円(最大2年間)の値引きが出来ます。これが業界再安値と言われるスマートバリューと呼ばれるサービスです。2年を過ぎても934円の値引きが続きます。

対応するプラン、値引き価格は下記の通りです。

モバイルプラン割引額
データ定額30(GB)最大2,000円
(3年目以降934円)
データ定額20/5(GB)
データ定額5(VK)
LTEフラット
LTEフラットTab/Tab(i)/Tab(L)
最大1,410円
(3年目以降934円)
データ定額2/3(GB)
データ定額2(V)/3(V)
データ定額2(VK)/3(VK)
ジュニアスマートプラン
シニアプラン
シニアプラン(V)
LTEフラット cp(1GB)
3Gケータイカケホプラン
最大934円
(3年以降500円)

1契約ごとにですから3人auのスマホ(データ定額5GB)を使用していれば1,410円×3ですから合計4,230円の値引きになります。これはかなり安いですね。

これなら家族全員auスマホに乗り換えて固定回線はauひかりにするのはかなりお得であると言えます。

手厚い新規申し込みキャンペーン

私がauひかりをオススメ出来る理由はやはり新規申込時の手厚い特典です。

何年か前は家電量販店等でフレッツ光を申し込むとキャッシュバック5万のような特典がありましたが、最近は光コラボレーションに移行しつつあるためフレッツ光の新規申し込み特典はほとんど見られません。ネット上でもフレッツは5千円程度のキャッシュバックまでとなっておりかなり縮小しています。

そしてその光コラボレーションは現段階で新規ユーザー特典がほとんどないので乗り換えるならauひかりが断然お得です。

現在(※2016年7月追記)光回線同時申し込みで大きな特典を得られるのはauひかりのみです。

⇒オプション不要で高額キャッシュバックのあるauひかり正規販売店サイトはこちら

 

まとめ

1.auひかりは固定回線の中でもやはり高品質

2.西日本の場合スマートバリューを活用しなければフレッツが安い

3.家族にauユーザーが一人でもいればダントツに安くなる

4.新規ユーザー特典が魅力的

というのが私の結論です。

モバイル回線(スマホや携帯電話)はauより格安スマホが確かに安いですが、まだ安定しなくて不安だからスマホはキャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)のどれかを使いたいという人はau一色にするのもありかなと思います。

高額キャッシュバックを考慮すればauひかりはかなりお買い得かも知れません。

auひかりをネットで申し込むと?

auひかりはほとんどの人がauショップ等で申し込むことが多いですがネットから販売店経由で申し込むと大きな特典が受けられる場合があります。

たとえばauひかりの人気プロバイダであるso-netで直接申し込みをすると高額キャッシュバックの他に始めの1年間は月額2,000円台で利用できるプラン(と言ってもキャッシュバック分を毎月の値引きに充てているだけ)もあり、毎月の通信コストを大幅に削減することも出来ます。もちろんスマートバリューもあります。

so-netひかり

ファミリータイプでこの価格は破格です。ADSL並みです。auひかりは価格だけでなく品質も良いので大変オススメ出来ます。


何故そんなに安く出来るの?

実は新規契約の特典というのは各auショップや販売店等によって違います。

何故変わってくるかというと、顧客が契約してくれると本元のau(KDDI)は各販売店やショップにauひかりをインセンティブを支払う仕組みになっているんですがこのインセンティブ、実は各販売店によって変わってきます。

私はau関係者じゃありませんので確かなことは言えませんが、私が勤めていた某通信会社では多く顧客を獲得している販売店の方がインセンティブを多く貰える仕組みになっていました。

『顧客獲得のために多くの特典(キャッシュバック)が必要』→『本部(KDDI)からたくさんインセンティブを貰わないといけない』→『より多くの顧客獲得が必要』→『そのために顧客に多くの特典を与える』

という流れ。

アナログな時代なら販売店で差が出ても「遠くじゃ買えないなあ」ってことがよくありますがネットだと何処に居ても同じですね。

なので特典がデカイ販売店から申し込む他ないです。

オプションとか必要なんじゃ?

フレッツ光だと光電話やひかりTVを契約しないとキャッシュバックがほとんど受けられなかったりしますよね。

auひかりの場合もその多くがひかり電話やauひかりテレビ等のオプションを契約しないとキャッシュバックがほとんど受けられなかったりします。

さらにauひかりの販売店にはキャッシュバック10万以上とあったりしますが適用条件に、

「友達、知人の紹介3人で」

「申し込み後即日契約完了で」

等の条件があったりもするので注意が高額過ぎるキャッシュバックキャンペーンを騙っている販売店は必要です。

しかし中にはオプションなしで必ず3万円以上のキャッシュバックを得られる販売店もあります。固定電話は不要でひかり電話等必要なくネットのみの申し込みで高額キャッシュバックを得たい場合はこちらがオススメです。

⇒オプション不要で高額キャッシュバックのあるauひかり正規販売店サイトはこちら

スマートバリューシュミレーション

auひかりはお得なのか、スマートバリューでどれくらい安くなるのか算出してみました。

下記はホームタイプの月額基本料金からスマートバリューで最も適用されやすい1,410円(データ定額5GB、8GB、LTEフラットで適用)を値引きした金額です。

オプションはスマートバリュー適用に必要なひかり電話を付けています。※表は契約から2年間までの割引価格です。

 
通常
auスマホ1台
auスマホ2台
auスマホ3台
基本料金5,100円5,100円5,100円5,100円
ひかり電話
500円~
スマートバリューなし-1,410円-2,820円-4,230円
月額料金5,600円4,190円 2,780円 1,370円 

家族にauスマホの利用者がいる場合は2,780円、3人いる場合は1,370円で光回線が利用出来る計算です。これは破格ですね。

スマートバリューは1台で最大で2,000円引き(データ定額10GB、13GB)、利用者の多いスマホのプランでも1台につき1,410円、最大10人まで適用されるので家族でauを利用している場合はauひかりを利用しないと逆に損しちゃいます。

一人でもスマートバリューが適用されれば他社と比較しても十分安い上に新規申し込み特典が受けられるので是非検討してみてください。

 

その他販売店のキャンペーンに関する詳細は下記ページで解説していますので検討されている方は是非ご一読ください。

auひかりの新規申し込みキャンペーンを比較

キャッシュバック金額の比較については下記ページでまとめています。

auひかりのキャッシュバックと条件を7社比較

 

タグ :

光回線 auひかり 光回線    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。