サポートが充実しているイオンスマホは初心者にオススメ

やさしくねっと.

格安スマホ初心者に最適なイオンモバイルについてわかりやすく解説

 

xperia

格安スマホは通信専門の業者だけでなくネットショップでおなじみの楽天や動画配信サービスのU-NEXT(ユーネクスト)等これまでインターネットやモバイル通信(携帯電話の通信)とは無縁だった企業も提供しています。

その中でも最も知名度が高く利用者を多く獲得しているのがあのイオンのイオンモバイルです。

イオンモバイルは格安スマホとしては珍しく店頭でも販売されているため格安スマホについてよく分からないという人にとってもとっつきやすく初心者にオススメな格安スマホと言えます。

本ページでは格安スマホがまだまだあんまりよく分からないという方のためにイオンモバイル、イオンスマホについて解説します。

月額料金とプラン

イオンモバイルのプランは実に多彩です。プランの数としては最も多いと思います。

イオンモバイルは以前はスマホとセットで購入するのが主流でしたが、現在はSIM単体での販売も行っています。

下がそれぞれデータプラン(データ通信のみのSIM)と音声プラン(音声通話、SMS機能付きのSIM)の月額料金表です。

通信容量データプラン音声プラン
500MBなし1,180円
1GB480円1,280円
2GB780円1,380円
4GB980円1,580円
6GB1,480円1,980円
8GB1,980円2,680円
12GB2,680円3,280円
20GB4,980円5,980円
30GB6,980円7,980円
40GB9,980円10,800円
50GB13,800円14,800円

※価格はすべて税別です。

10GBを超える大容量のプランが充実しているところがポイントですね。他社には大容量のものでもせいぜい15GBまで。50GBというプランは他にないでしょう。

月額料金は業界でも割安

SIMの月額料金は他社と比較してもかなり割安です。

例えば音声通話SIMの3GBのプランは最も契約者数の多いOCNモバイルONEで1,800円、次いで人気のあるIIJmioで1,600円となっています。イオンモバイルには3GBのプランはありませんが4GBで1,580円なので明らかに割安です。

ちなみに業界最安値を誇るDMMmobileと同じプラン(8GBの音声プラン)を比較すると1,980円と同額となっていました。

全体的にはややイオンモバイルの方が高いプランがあるものの、月額料金に関してはDMMmobileに次いで2番目に安いくらいの水準であると言えそうです。

DMMmobileの詳細はこちら

セットで買えるスマホは豊富

イオンモバイルでセットで購入できるスマホは下記のとおりです。OSはすべてandroid。

機種名
(メーカー名)
料金スペック等
ZTE BLADE E01
(ZTE・中国)
20,800円5.0インチ,RAM2GB,
800万画素
ZTE BLADE V7LITE
(ZTE・中国)
24,800円5.0インチ,RAM2GB,
800万画素
HUAWEI P9 lite
(ハーウェイ・中国)
32,980円5.2インチ,RAM2GB,
約1300万画素
HUAWEI P9
(ハーウェイ・中国)
62,980円5.2インチ,RAM3GB,
約1200万画素×2
(デュアルカメラ)
KYOCERA S301
(京セラ・日本)
19,800円5.0インチ,RAM1GB,
500万画素
VAIO Phone VA-10J
(VAIO・日本)
27,000円5.0インチ,RAM2GB,
1300万画素
arrows M02
(富士通・日本)
32,800円5.0インチ,RAM2GB,
810万画素
AQUOS SH-M02
(シャープ・日本)
47,800円5.2インチ,RAM2GB,
1310万画素
Xperia J1™ Compact
(SONY・日本)
57,800円4.3インチ,RAM2GB,
約2,070万画素

他社に比べて国内メーカーの機種が多いのが特徴的です。

この中でコスパが良くおすすめなのは「HUAWEI P9 lite」か「VAIO Phone」あたりでしょうか。「Xperia compact」も他機種に比べて非常に性能が高いため、お勧めできますがその分高額です。

arrows M02は防水防塵機能があるので防水が必要な人におすすめです。

イオンスマホのオススメポイント

他社と比較してイオンスマホがオススメなポイントは主に4つ。

    • 選べるプランが豊富で安価
    • 国内メーカーのスマホが充実している
    • 店頭販売を行っている
    • 安心スマホパックで初心者でも安心!

といったところでしょうか。

特に全国どこにでも店舗があるというのは強いですね。

困った時にも店頭で対応

格安スマホはテレビCMやネット広告で知名度が上がり申し込む人が急増していますが、その反面クレームやトラブルも多く発生しています。

その原因のひとつとして格安スマホを提供している業者の多くが店頭販売、店舗販売を行っていないため例えばスマホの故障時等に利用者がどうしていいのか分からないということがあります。

ネットで申し込みをした場合トラブルの問い合わせはメールや電話に限られてきますし、なによりその電話が繋がりにくかったりして困る方も多いです。

しかしイオンスマホの場合、全国にあるイオンのほとんどで店頭販売を行っているのでイオンスマホユーザーはキャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)と同じように問い合わせする窓口が存在します。

店頭では販売や申し込みだけでなく使い方のサポート等も行っているので安心して利用出来ます。

イオンスマホ安心パックは入るべき?

1.スマホの安全保証(自然落下による故障、水濡れ等の故障機器を新端末と交換)

2.電話サポート(有料専用ダイヤルにて使い方やアプリに関する操作方法等の問い合わせにも対応)

3.スマホセキュリティ(スマホのウィルススキャン、使用量のチェック等)

の3つのサポートがセットになったイオンモバイルの安心スマホパック。

月額料金600円~(機種によって金額が若干変わります)で利用出来るのでスマートフォン初心者の方にお勧めです。

特に電話サポートは通常どこも対応してくれない地図アプリや乗り換え案内、LINE等の使い方まで対応してくれるのでまだまだスマホに慣れていない人にとてもおすすめできます。

オススメプランとセット端末

「イオンの格安スマホは初心者にオススメ!」

と言ってもこれだけプランの種類と機種があればどれを選んぶべきか迷うと思います。

というわけでオススメのプランをピックアップしました。

スマホはネットサーフィンが中心という方向け

外ではそこそこスマホでネットがしたいけど家で光回線等を使っているからスマホはあんまり使わないという方には4GBのプランをオススメします。

そして外ではそれなりにハードにスマホを利用するという人は壊れにくく安定性のある端末が良いと思います。

というわけでオススメしたいプランは、

arrows M02×4GBプラン

です。

品質重視なヘビーユーザーの方にオススメなプラン

外でも家でも動画を観たりゲームをしたり、とにかくデータ通信をたくさんしたいという人は大容量の12GBプラン以上を選択しましょう。

機種はHUAWEI P9 liteがコスパが良くおすすめです。

HUAWEI P9 lite×12GBプラン

価格重視のライトユーザー向け

電話やメール、LINE、SNS、調べ物等外出時に最低限のことが出来たら良いという方は1GBのプラン(音声プランで月額1,280円)でも十分です。

ちなみに1GBで利用出来る目安はウェブサイトの閲覧約4000ページ、メールなら2万通以上とされています。

価格重視で考える場合端末はZTE BLADE E01(端末価格20,800円)がお勧めです。

ZTE BLADE E01×1GBプラン

 

まとめ

格安スマホを提供している業者は現在数十社にも及び、それぞれ様々なプランを提供していて正直私でもどれが一番良いかは決めかねます。

しかし本日紹介したイオンモバイル、イオンスマホは他社にはない店頭サービスがあるので検討しているけど乗り換えるのが不安という方には大変おすすめです。

スマホは買って終わりではなく長期的に使うのでサポートが充実したい会社を選ぶことが重要ですね。

イオンスマホオンラインショップはこちらから

 

格安スマホ 格安スマホ 格安スマホの種類    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。