ADSL

やさしくねっと.

ADSLの仕組みと検討時の注意点

 

ネット

光回線工事が進み、ADSLは過去の技術とされつつありますが、そのせいか比較的安価なプランも増え、ADSLを再検討する人は多いのではないでしょうか。

ADSLの仕組み

ADSLは電話回線網を利用した通信です。

電話通信に使われているメタル回線の一部を利用し、プロバイダが管理するADSLの装置と繋いでインターネットに接続します。

仕組み

プロバイダが管理しているADSLの装置は電話回線を管理しているNTTの基地局内にあることが多いです。

ADSLの特徴

ADSLはメタル回線(ツイストペアケーブル)を利用してデータの送受信を行います。

このメタル回線ですが、光回線と比較して通信距離の長さやデータ量によって通信速度が大きく変わってきます。

基地局からの距離によって速度が変わる

先にも述べましたがADSLの装置はNTTの基地局内にある場合が多いです。NTTの基地局にADSL装置を設置しているプロバイダ、例えばyahooやOCN等はNTT基地局から使用するADSLモデムまでの距離によって大きく速度が変わってきます。

距離

ADSLを快適に利用する基地局までの距離の理想は1kmと言われていてその範囲内だと安定して通信が行えます。

基地局までの距離が2kmを超えると大きく減衰し、遠くなれば遠くなるほど通信速度も遅くなります。

基地局までの距離はプロバイダに問い合わせすると教えてくれますし、webサイトで判定出来る場合もあります。

ワイモバイル株式会社、ADSL通信速度判定より。

img04

データ通信量によって速度が変わる

ADSLは一度に通信出来るデータ量に限りがあるため、大量のデータが行われると通信が極端に遅くなります。パケ詰まりというやつですね。

ADSL時代では、夕方から就寝時間に掛けて回線が重くなることがよくありました。

しかし現在、光回線が開通している地域ではADSL利用者が少ないため、パケ詰まりを起こすことも少なくなりました。なので昔に比べて夕方のピークになる時間帯でも快適に利用することが出来ます。

まとめとADSLの今後

光回線が必要なほどヘビーな使い方をしないけど、モバイルだけだと不安。そんな方にはADSLをお勧めします。

その際、ADSLが快適に使えるかどうかをまず基地局までの距離を確認判断しましょう。プロバイダに問い合わせすると距離を教えてくれます。

1km以内がベスト、1~2kmでも快適に使えると思います。3km以上だと今のインターネットコンテンツを快適に使用するのは難しいと思われます。

ADSLの今後

総務省は既存のADSL回線をなくしすべて光回線に変えていく「ひかりの道」というスローガンを提唱しています(本当はサービス自体を終わらせたいと思っているくらい)。

従来から利用されている電話のメタル回線は老朽化が進み、新たに引き直すのにもコストが掛かるからです。

OCNもソフトバンクもADSLを販売していますが表立って宣伝しないのはそういった理由からです。

しかし、ADSLでも快適利用出来る場所なら光回線に引けを取らないですし、安価なプランだと2,000円前後で利用出来るのでまだまだ需要があります。

光回線がそのくらいの価格になるまではサービスは終わらないでしょう。

 

ADSL    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。