wonderlink

やさしくねっと.

パナソニックの格安SIM、Wonderlinkの料金プラン等を解説

 

usb-1884_640

Wonderlink(ワンダーリンク)は知名度は低いですが実は誰もが知っているPanasonicが手掛ける通信サービスです。

Winderlinkは光回線等の通信サービスもやっていますが、格安SIMサービスもあります。
まだ格安SIMの中ではユーザー数が多いブランドではありませんが、大手企業のPanasonicということもあり、注目度が高まっています。

本ページではパナソニックが提供する格安SIMサービス、ワンダーリンクの気になるプランや料金について解説します。

Wonderlinkの基本料金プラン

様々なプランがありますが、スマホ向けのサービスには、ライトユーザー向けのIシリーズとヘビーユーザー向けのFシリーズというものがあります。
・Iシリーズ

プラン名データ容量月額料金
I-3Gシングル3GB890円
I-5Gシングル5GB1,460円
I-7Gシングル7GB1,870円

インターネットはテキストサイトをメインに使う方など、スマホのライトユーザー向けのプラン。価格も他社のSIMと比べても安い部類となっています。

契約期間の縛りはありません。直近3日間の通信料が366MBを越えると速度制限がかかることがあります。
・Fシリーズ

プラン名データ容量月額料金
F-使い放題700無制限1,580円
F-7G無制限2,480円

動画観覧や、音楽配信サービスを使うといったヘビーユーザーにオススメなのがこちらのFシリーズプラン。

高速通信の容量が、使い放題プランは1GB・F-7Gプランは7GBを越えると速度制限がかかりますが、700kbpsと制限後もそれなりの速度が出るので快適に使えます。

ただし、直近24時間以内に通信量が1GBを越えるとさらに速度制限がかかることがあるので注意しておきましょう。

Wonderlinkのスマホセットプラン

何機種かスマホが発売されていましたが、現在は完売しています。

現在取扱いがあるのは、以下のタブレットになります。

機種名一括価格特徴
Huawei MediaPad M2
8.0 LTEモデル
39,800円8インチ
オクタコアCPU搭載

パソコン・デジカメ専用プランも

スマホ向けのプラン以外にも、Panasonicのパソコンやデジカメ専用のSIMカードが用意されています。

どちらも初期費用は3,000円。Panasonic製品を使っている方はこちらのSIMプランもチェックしてみてはいかがでしょうか?
・Aシリーズ

プラン名データ容量月額料金
エントリーコース3GB/月889円
レギュラーコース7GB/月1,960円
ウィークリーコース1GB/週1,000円

Panasonicのパソコン専用のSIMカードで、レッツノートなどのLTE対応モデルなら好感度アンテナが搭載されているので外出先でも快適な通信が可能です。
・Lシリーズ

プラン名データ容量月額料金
L-3G3GB1,480円
L-5G5GB1,980円

LUMIX CMシリーズ専用のSIMカード。撮影した写真をSNSへ投稿したり、クラウドに保存するといった作業が外出先でも行えます。より様々な機能を使いたい方にオススメのSIMカードです。

時期によってはお得なキャンペーンがある

2016年6月現在はキャンペーンは終了していますが、今まで様々なキャンペーンを行っています。

以前行われていたキャンペーンでは、一部対象のプランを契約で10,000円キャッシュバック・初期費用0円・契約者に抽選でPanasonicのステレオインサイドホンをプレゼントといったサービスがありました。

今後もこういったキャンペーンが行われることが予想されますので、契約を考えている方はキャンペーンの有無をチェックしてみてください。

⇒公式サイトを見てみる

Wonderlinkの注意点

格安SIMを利用する際には、以下の3点に注意が必要です。

    • 通話し放題プランがない
    • キャリアメール(@docomo~等)のメールアドレスが使えない
    • ドコモショップ等の窓口がない

その他格安スマホについてあまり詳しく解らないという方は下記ページをご参照ください。

知らないと失敗する格安スマホの5つのデメリット

Wonderlinkには、音声通話・SMS機能の付いたSIMはありません。データ通信専用のSIMのみとなります。

SMS(ショートメッセージ)機能さえもないのでLINEのようなメッセージアプリを使うことが出来ないため、通話を行うことはほぼできません。なのでサブ機として使うことになると思います。

また、通信量無制限、使い放題プランといっても速度制限がかかることがあるという点にも注意が必要です。

まとめ

他社のSIMと比べてもシンプルで解りやすいプラン内容と、データ通信専用SIMのみというラインナップなので「プランが多すぎるとどれを選べばいいか解らない…。」という人にとっては選びやすいと思います。

価格も最安と言われている価格帯なので、スマホの料金をお得にしたいと考えている方にはオススメです。

データ超過後も700Mbpsという安定した速度で使えるFシリーズプランは特に人気があります。今まで他社の格安SIMを使っていて、通信速度に不満があった方にとっては嬉しい

通信環境となりそうですね。

    • ガラケーとの2台持ちを考えている
    • 大手企業がやっているSIMを契約したい
    • 安定した速度のSIMを使いたい
    • シンプルで解りやすいプランから選びたい

という方には特にオススメです。Panasonicという大手家電メーカーがやっているという安心感も、Wonderlinkの大きな魅力となっています。

 

格安スマホ 格安スマホの種類    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

サイトコンテンツ

各種格安スマホの種類や比較、選び方等の解説をしています。 各種格安スマホ、格安SIMの特徴や料金の解説や格安スマホについて一から学びたい方向けにキャリアからの乗り換え方法等まで解説しています。
フレッツ光の卸売りからスタートしたドコモ光、ソフトバンク光等話題の光コラボレーションに関する記事を集めています。 メリット、デメリットやフレッツ光からの転用方法まで解説しています。
スマホと自宅のネット回線をセットで利用すれば通信費を大きく抑えることが出来ます。 特にauのスマートバリュー、ソフトバンクのスマート値引きを利用すると大きく通信コストを下げられます。